So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

新しい生活の空気 [季節の写真]

この時期になると思い出す話がある。

4月の初めは新しい生活のはじめなので、その時期の記憶が空気感とセットで心に残ることが多いという話である。

分かれるときの空気、出会いのときの空気、新しい生活の空気。そんなことが、そのときの記憶と一緒にセットになっているという話だ。確かにそういうものかもしれない。

新しいことをやってみようと、景色が見渡せる場所に行ってみた。天気予報は晴れだったが、しばらく雲が多かったので、諦めながらコーヒーを飲んでいたら急に晴れてきた。たまにはこういう経験もいい。起床が早かったので異様に眠かったが、いい経験ができた。新しい記憶がインプットされた。
sunrise.jpg

今年、新しい生活がスタートする方にとっては、少し悪いイメージの記憶がインプットされてしまうことになってしまったが、これからいい記憶がたくさん生まれるように・・・。
nice!(13)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

エイプリルフールには重大な発表はしない [超個人的感想]

エイプリルフールが何かのジョークを言うようになったのはいつの頃なのか・・・。

そんなことを思うが、冗談でしたということが軽い内容があっても、「仕方がないなあ」ということにならないような重大な局面がたまたま重なっている。世の中はそうした中で、重大な発表は4月1日にしないことになっているという話が職場であった。

そういうものなんだ、と感心した。

今日あたりは世の中で大きな発表があるのかもしれないと思った。でも、去年は『令和』の発表があったような・・・。

でもまあ、4月1日はあまり変なことを言ってはだめなんだなということを学んだ1日であった。まぁ、無難だと思う。
nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

片付け総決算 [超個人的感想]

大がかりな片付けを行い、少しずつ終わりが見えてきた。

完全な片付けまでには1年かかりそうだが、それでもめどが立ってきた。今の段階でできて良かったとつくづく思う。

片付けをするということは、自分の価値観の整理、極端なことをいうと人生の整理をつけるということでもあるんだなあとつくづく感じた。

ありがちな思い出に浸ると言うことも少しあったし、気がつけば同じものばかりあって笑うことも多々あった。私の場合、どうしてもメディアやパソコン関連のあれこれがあったので、ものが重複して同じものを持っているという情けない状態にも少しめどが立った。当時最新鋭の物も、10年も経てば価値はほとんどゼロ。生き残れなかったメディアは特に価値の下がり具合が顕著だ。
ずいぶん無駄な出費をしてしまっていたんだなと振り返る。額にすると7桁はくだらないのではないか???

捨てるにはまだ惜しいものもけっこうあるけど、仕方がない。捨てなければ先に進めない。

そしてほどなくして新しい年度、少し気持ちが良い状態で迎えられるといいと思う。

最近、無駄買いの反省から、ものを買うことがすっかり少なくなってしまった。あの捨てたものと等価かと思うと、気持ちよく買い物ができない。まあ、これはこれでいいことなのだと思う。

よく考えて物は買おう。
nice!(8)  コメント(2) 
共通テーマ:学校

スマホ壊れる [超個人的感想]

いつぞや購入したスマホがついに壊れてしまった。調子が悪くなっても大分粘ったが、それも限界が来てしまったらしかった。

壊れたスマホが大手のものであれば、近くに修理できる場所があることがインターネットの検索でわかった。それで修理を頼もうと思った。隙間時間を見つけてでかけた。インターネットなどでやり方か出ているが、それでできるほど甘くなさそうと言うか、難易度が高そうだったので本体ごと壊れる可能性は排除したかった。仕事上差し障りが出る。

修理屋さんに行き、小一時間すると修理が上がってきた。見事にスマホは直ったのであった。途中修理の過程を見せてもらったが、一つ一つの作業が細かく、使っているビスなども極小のものばかりで息を吹きかけたら飛んでいきそうになるようなものばかりであった。

それをマニュアル化されたルーティンで古いものと新しいものを交換して、スマホを組み立て直して終了。いやはやあっぱれであった。

それにしてもスマホがないと生活するのに困る、ということをまた改めて感じた。もはや生活の一部になっていることを実感したのであった。

学校において、「問題があったらスマホ没収」という文化がいつまで世の中として通用するのだろうか?若い教員ほどこの文化には否定的である。とりあえず、ルールを守って使ってくれれば、没収自体もないのだけれど。
nice!(11)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

驚愕の結果 [勤務校関連]

うちの学校でドラゴン桜も真っ青の結果が出たらしい。合格したのが東大ではないものの、誰もが聞いたことがある大学である。一般受験で正々堂々と合格したとのことであった。1つまぐれで降格したわけではなく、一流私大も含めて数本合格した。

名大学に合格したという話をなんとなく聞いたので聞いてみると・・・。特段勉強の指導をメインとするコースではない生徒が受かったらしい。

予備校にも行かずにオンデマンド授業でただひたすらに勉強したらしい。お金もそうそうかかってはいないはずだ。

そんなことがあるんだ、と思いながら、春休み中たまたまドラゴン桜のドラマの話に思いを馳せていた。ドラゴン桜は偏差値36から東大だったなぁ。

すごい!すごいことがあるものだ。学校の授業もインターネットのいいコンテンツと勝負する時代になりつつある。いい授業とは何か。また考えることが増えた気がする。
nice!(15)  コメント(0) 
共通テーマ:学校
前の5件 | -